一般企業で公認会計士|法律や税に詳しいプロ

助成金の有効活用

男性たち

雇用関係の助成金

国が執り行っている企業向けの補助金制度や助成金制度には様々なものがありますが、中でも比較的受給がしやすいのは厚生労働省が所管している雇用関係の助成金です。雇用関係の助成金は雇用保険を財源とし、雇い入れ、人材育成、雇用環境の整備といった様々な事業活動についてするもので、返済は不要です。審査を伴う補助金などと異なり要件に該当すれば必ず受給できるため、横浜市内をはじめ、助成金制度を活用して事業活動をすすめたい、という企業の要望は非常に多いです。しかし、支給までには事前に計画を提出し、計画通りに活動を進め、その結果を支給申請書等の形で提出しなければなりません。助成金の受給については横浜をはじめ各地のハローワークや労働局でも相談を受けられますが、頼りになるのは労務関係の専門家である社労士の存在です。横浜市内をはじめ、多くの社労士事務所が助成金関係を主力業務としています。

助成金活用の進め方

助成金活用について社労士に相談する場合には、企業としてどのような事業活動で助成金を活用したいのかを明確にする必要があります。雇用関係の助成金は非常に数が多いものの、各助成金とも受給要件が明確に設定されている為、ただ単に助成金を受給したいというだけでは、相談にあたる社労士もアドバイスのしようがないからです。また逆に代表的な助成金の活用事例などを社労士の側から紹介してもらうのもよいでしょう。活用したい助成金が決まったら、前述の通り計画を横浜市内など各地のハローワークや労働局に届け出る訳ですが、このような申請関係一式も社労士に依頼すれば全てやってもらえます。このように社労士に依頼すれば活用できそうな助成金の選定から手続き関係まで一括して代行してもらえるため、一般企業にとっては非常にメリットがあります。また、一般企業にとって依頼すると良いところに公認会計士もあります。公認会計士はコンサルティングや税務業務なども行なっているので、一般企業の難しい税に関してもお任せすることが出来るでしょう。

男性たち

借金返済にお困りの方へ

過払い金の返還に強いのが、大阪を拠点に全国主要都市にも事務所を構える杉山事務所です。消費者金融への高い交渉力が返還実績を生み、知名度を高めています。豊富な実績から消費者金融の特徴を把握しきっていることから無料相談でも、的確なアドバイスが行われます。お困りの方はぜひメール、または電話で相談してみてください。

メンズ

費用面において

税理士や弁護士を雇う場合には、もちろんその為の費用が掛かります。事務所によっても大きく費用が異なるので、あらかじめ費用の相談も兼ねておくといいでしょう。高額になった際には、分割払い可としているところもあるので安心です。

スーツの女性

味方となる法律

法律のプロとなる弁護士や税理士は、豊富な知識をもってさまざまなサポートを行います。その知識をもって依頼者の問題を解消させているでしょう。裁判となった際には弁護士のサポートが必要不可欠となります。