一般企業で公認会計士|法律や税に詳しいプロ

  1. ホーム
  2. 味方となる法律

味方となる法律

スーツの女性

企業が運用されていくにあたって常に隣り合わせになっている、訴訟性がある内容との戦い。それは別にこちらが悪くなくても、相手方が悪い場合でも訴訟性がある事例となることだって立派にあります。
例えば、取引相手がこちらの商品の代金をまったく払ってくれない場合。そんな場合、こちらがいくら払ってくれといったところでなんにもなりません。そんなことをしたところでどうしようもなく、話はずっと平行線をたどるのみです。場合によっては相手が不渡りを出して消滅してしまう可能性だってあります。そうなってしまってはこちらもただの取りはぐれとなってしまいますから、そんな事態になる前に対処を行いたいところであると言えます。

そのための対処が法的な態度をとることなのです。きちんと弁護士に相談をして、相手方にはもう払わざるをえないようにちゃんと請求するのです。法律によって突かれてしまっては、向こうももうどうしようもないとなるのです。ですから、きちんと合法的に未払いの商品代金を請求するためには時に法の力を利用することも大切なのです。
更には、こちらが不手際で問題を起こしてしまった時にも弁護士が活躍します。何よりも弁護士を立てることによって、訴訟の代理人となることが可能であるという点が大きなメリットであるといえるでしょう。自分は訴訟に頭を悩ませる事無く今後のことをしっかり考えることが出来る、今起こっている問題は任せられる、それも大きなメリットです。